近年の盗聴が怖い

ようこそ!今、盗聴が怖い!盗聴器を調べる方法へ
当サイトでは、盗聴調査を利用したセキュリティについての解説したいと思います。
日本人はとかく防犯意識は低め。盗聴法なんてものが日本の法律の中には存在することをご存知ですか?
さらにネットで盗聴器について検索してみると、盗聴器を販売するサイトは、考えているよりもかなり多いことがわかるはずです。
だから今、個人で盗聴器を調べる方法が注目されつつあります。
盗聴器の発見調査でセキュリティ対策とはいったいどのような対策があるでしょうか。このサイトで、少し説明してみましょう。
実は、盗聴器発見でセキュリティ対策ができるのは、個人だけでなく、企業でも同様にできます。
企業の場合、出来れば定期的に行っていたいセキュリティ対策の一つです。ライバル会社に企業内の情報が流れることがあってはいけませんが、なぜだか知られている気配がある。そんな時は企業内にスパイがおり、そのスパイが盗聴器を設置して、社内情報を流している可能性を考えた方がいいようです。個人の場合、以前は賃貸物件を借りる時に盗聴器発見を行えばよいと言われていましたが、今や新築物件にも建築中に物件に盗聴器を仕掛けられる場合があり、引越しの際には防犯対策として盗聴調査を行った方が安心できるようです。
昔から企業防衛の一つとして、個人のお家よりも盗聴調査は使われてきていたようです。
近年では、企業はもとより、個人のお家の方が盗聴調査の必要性は増しています。それは何故か?流通経路が昔と変わってきているからです。
インナーネットの発達により、わざわざ取扱いのある電気屋店街に足を運ばなくとも、顔を見せることなく盗聴器を購入することができるようになったことが大きな要因といえます。
盗聴器が手軽に手に入ることで、「ちょっと試しに。」と軽い気持ちで盗聴器の設置を行う人も少なくありません。
自身のいない時の家庭の様子が気になる。彼女の様子が気になる。など、個人的興味から設置を行う場合や、賃貸の場合、以前居住していた人に向けて設置されたものが、そのまま残っている場合などがあるようです。

盗聴器による被害と発見方法について

知られていない盗聴器による盗聴被害ですが、知られていないというのは、盗聴自体が犯罪とはいえないからです。

実際のところ、盗聴による被害がどれだけあるのか調べてみると、発見業者の統計では年間に数十万件以上の盗聴による被害報告があり、盗聴器が本当に仕掛けられていた(発見された)数は数万件だそうです。

そして、盗聴が行われる場所は、個人宅や企業、ショッピングモールなど、様々な場所で盗聴器が見付かっています。

この盗聴被害は、盗聴されている人が気がついていないだけで、実際にはもっと多くの被害があると予想されます。

では、こうした盗聴を防いだり、すでに取り付けられた盗聴器を発見するにはどうしたらいいのでしょうか。

・盗聴を防ぐには防犯対策を見直す
盗聴を防ぐには、まず基本として、一般的な防犯対策を取ります。
盗聴を行うということは、何らかの盗聴器が仕掛けられたということです。
盗聴器を仕掛けるには家主の留守中に家に侵入したり、会社や商業施設の誰でも入ることができる場所に取り付けられていることになります。
そのため、基本的な防犯対策をすることで怪しい人間に盗聴器を持ち込ませないということが大事になります。

・仕掛けられた盗聴器を発見する方法とは
盗聴器を発見する方法ですが、一番簡単な方法が違和感のある場所を自分の目で調べるという方法です。
盗聴器を仕掛けるには何かしらの物を移動させたり、見覚えのないものが置かれていたりします。
そうした場所を自分の目で調べて盗聴器を発見することができます。
しかし、自分の目で確かめるにも限度はあります。特殊な盗聴器を使った盗聴は目視では発見が難しいため、こうした発見が難しい盗聴器は、専門の機材を使って仕掛けられた盗聴器を見つけ出します。

おすすめリンク

人探しを簡単にする方法

Copyright© 2015 今、盗聴が怖い!盗聴器を調べる方法 All Rights Reserved.